暗闇の中で炎が燃えている。


闇に惑う瞳ならば、その炎は一際明るく映るだろう。

「俺はいつでもここにいる。貴方が進むべき道を照らしている。」

炎は光を生む。
力を注ぎ、輝きを与える。


「俺の声が、聞こえますか?」

力を司る者の強い意志が告げている。

「俺はいつでも、貴方のお側に・・・」






→BOXTOP  →TOP